愛媛県松山市の賃貸不動産のことなら愛光不動産松山店

賃貸借契約の流れについて

  • HOME »
  • 賃貸借契約の流れについて

賃貸借契約の流れ

Step1 物件(部屋)内見

Step2 入居申込書提出

Step3 審査

Step4 審査結果通知     →審査不合格  →Step1に戻る

Step5 審査合格 次に進む

Step6 契約手続(契約書署名捺印・契約金入金)

Step7 入居(鍵渡し)

入居申込書提出とは
入居申込者(借主)はどこの誰であるか、どんな仕事をしているか、
収入はいくらあるか、なぜ引越をするのか、
そして保証人には誰がなってくれるのか、
などを申込書に書いて自分をアピールするためのものです。
それらを証明するために身分証明書の写しも提出します。

審査とは、
物件の管理会社(もしくは貸主)が行うものです。
入居申込書の内容を見て、申込者が物件の入居者として相応しいがどうかを判断します。
申込者や保証人に直接電話して内容を確認することもあります。

審査結果通知とは、
審査を合格した場合は契約手続に進むことができます。
不合格で入居を断られた場合は物件を探しなおすことになります。
なぜ不合格になったかの理由は教えてもらうことはできません。

契約手続(契約書署名捺印・契約金入金)とは、
約束した事が書かれた建物賃貸借契約書という書類に、
借主(入居申込者)と保証人そして貸主が署名捺印(しょめいなついん)をして、
借主が契約金を入金することです。
署名とは氏名や住所を書くことです。捺印とは印鑑(いんかん/ハンコ)を押すことです。
保証人が押す印鑑の種類は実印(じついん)といい、役所に登録しているハンコを押します。
保証人が本人であることを証明するために、
登録されていることを証明する印鑑登録証明書も提出します。

手続きでは、借主と保証人そして貸主が同じ場所に集まり、
契約書に署名捺印そして契約金を支払う場合もありますが、
一般的には、契約書類を借主に先に渡して書名捺印をして提出してもらい、
後日貸主が署名捺印するという方法がとられています。

入居(鍵渡し)とは、
契約書への署名捺印、契約金の入金が完了しても部屋の鍵はすぐにはもらえません。
契約書に記載された契約開始日(入居日)もしくはその前日に鍵を受け取ります。
物件に荷物を搬入できるのは契約開始日からです。

以上が入居までの手続きです。
そのGOALが、新生活のSTARTになります

賃貸借契約(ちんたいしゃくけいやく)とは。

貸す人=賃貸人(ちんたいにん)=貸主が、
借りる人=賃借人(ちんしゃくにん)=借主に、
あるものを使用してもらい、
それに対して賃料(ちんりょう)の支払いを受けることを約束することです。

物件(建物や部屋)を貸したり借りたりする約束のことを、
建物賃貸借契約(たてものちんたいしゃくけいやく)といいます。

契約した内容が不明確であると、後日『言った、言わない』となります。
トラブルを防止するために、約束した内容をお互いが理解するために、
書面に記載して明確にします。

その書類を契約書(けいやくしょ)といいます。

契約をしたら、お互いにしなければならないことがあります。

借人は、
賃料を支払います(賃料支払義務)
建物を大切に使います(目的物保管義務)
契約が終わったら返します(目的物返還義務)

賃貸人は、
建物(部屋)を渡します(目的物引渡義務)
大切に使ってもらえるように修理します(修繕義務)

image16

これが建物賃貸借契約です。

契約書のなかに特別の条件をつけた約束が書かれていますが、
れを特約(とくやく)といいます。

転居で、建物(部屋)を出るときに、
貸借契約を終了させることを解約(かいやく)といいます。

ちなみに、売買契約(ばいばいけいやく)とは、
売主(うりぬし)が財産権(ざいさんけん)を買主に移転し(売る)、
買主(かいぬし)がこれに対する代金を支払う(買う)ことを約束することです。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 089-970-5889 受付時間 10:00~18:00

  • facebook
PAGETOP
Copyright © (有)愛光不動産松山店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.